会社概要– About us –

Company’s Overview
会社概要

会社情報

社名Duo Partner Design 合同会社(デュオパートナーデザイン)
※略称DPD(ディーピーディー)
代表社員松口賢士
所在地〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36
連絡先TEL:042−401−1772
FAX:042ー401ー1766
お問い合わせフォーム
対応エリア東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、群馬県、長野県、新潟県、栃木県、茨城県、全国(web)

主要サービス

Web支援事業

Webコンサルティング
  • Webを活用した新規顧客獲得コンサルティング >>関連ページへ
  • 上記に伴う企画・Web戦略立案定例会のファシリテーション >>関連ページへ
  • 上記に伴う、ウェブアクセス解析、SEOコンサルティング、改善計画
Webサイト制作、ECサイト構築
  • WEBサイト・LPサイト制作・採用サイト・オウンドメディアなどの、企画・デザイン・コーディング(主にWordPress構築)
  • ECサイトの企画・デザイン・構築(主にShopify構築)
  • 上記に伴う、文章制作、アニメーションによる動画制作、ロゴ、イラスト制作、写真撮影、動画撮影編集
WEB広告運用
  • Google・Yahoo広告、Facebook・Instagram、YouTube、LINE広告の企画・運用・改善提案
Webサイト運用、ECサイト運用、Web担当者育成研修(自社運用の為の担当者育成)
  • 運用中WebサイトやECサイト、オウンドメディアの運用企画、運用、改善計画、各種解析、アドバイス
  • 社内のWeb担当者育成研修の企画、研修実施、運用サポート

広報支援事業(法人向け)

PRマーケティング
  • プレスリリース配信(企業経営、サービスなどをマスコミや社会向けにニュースリリース発信)
  • 取材獲得・メディア対応(発信したプレスリリースによるメディアリレーションズ対応)
SNS・ブログなどの自社メディア運用
  • ブログ、YouTube、Facebook・Instagram、Twitterなどの自社メディアの運用企画・運用・改善提案・運用担当者研修・運用マニュアルの制作
SDGs、脱炭素経営の配信企画
  • 環境問題等に取り組む企業姿勢の配信企画・ブランド構築ロードマップの制作・配信

ブランディング支援事業(法人向け)

コーポレートブランディング
  • 採用力強化を目的とした採用ブランディング >>関連ページへ
  • 脱炭素経営(環境への取り組み)による企業ブランディング >>関連ページへ
  • キャラクターを活用したキャラクターブランディング >>関連ページへ
  • その他、ブランド力向上によるイメージ戦略の企画提案
ビジュアルアイデンティティー(VI)
  • コーポレートブランドの言語化とデザインイメージのアウトライン制作
  • コーポレートブランドの訴求に伴うロゴマーク・会社案内・コーポレートサイト・名刺封筒・オフィス意匠設計・営業資料・営業車などのトータルデザイン
  • 合併・周年記念・社名変更に伴うブランディング(企画提案・デザイン提案・運用サポート)
  • 起業に伴うコーポレートブランドの構築(ブランドの言語化、ビジュアルアイデンティティーの制作、集客用Webサイトの制作・新規顧客獲得のための広告運用・営業資料の制作など) >>関連サイトへ


デザイン事業(小規模事業者、医療機関向け)

デザイン制作
  • ブランドの言語化(キャッチコピーなどの制作)とデザインイメージのアウトライン制作
  • ロゴマーク・看板・案内パンフレット・ホームページ・名刺、診察券・封筒、FAX・内装意匠設計・営業用資料・営業車などのデザイン提案、制作
Web集客
  • ホームページ、ランディングサイトの制作リニューアルによる集客支援(企画、改善提案、制作、運用) >>関連ページへ
  • Google・Yahoo広告、Facebook・Instagram、YouTube、LINE広告の企画・運用・改善提案
  • 上記に伴う、動画制作(撮影編集)・マンガ制作・写真撮影・ライティング・出版支援など。

Career
代表履歴

2022年Duo Partner Design(デュオパートナーデザイン) 合同会社 代表社員就任
Web活用による新規顧客獲得を主軸としたWebコンサルティング業務開始
企業の脱炭素経営を計画・推進し、脱炭素貢献に伴う広報戦略によって営業強化・採用強化をサポートするサービスを開始
2016年株式会社翔栄クリエイト ブランディング事業部 事業部長就任
Web担当者育成研修「Web担」プロジェクトを立上げ(30企業以上の研修実施|セミナー開催100回以上)
経営者向けWeb戦略立案研修「Web担トップ」開始(10企業以上の研修実施|セミナー開催50回以上)
経営陣を集めた定期Web戦略会議開催によるWebブランディング開始(10企業以上のブランディング実施|セミナー開催30回以上)
企業自らWebの知識を持って、自ら立案し運営できる体制構築を目的として、Webの担当者育成から、経営者による戦略立案、さらには会社のキーマンを集めたWeb戦略会議を元にしたWebリニューアルサービスの提供を実施。
その他、社内各種広報・PRマーケティング・新規事業立上げなどに伴うマーケティング・デザイン等のプロジェクト従事
 物販・歯科事業・法人サービス・農業サービスなど多種多様な社内業務の広報・マーケティングに従事
2008年株式会社e・ra(イーラ) 設立 代表取締役就任
医療施設・クリニック向けデザインブランディングサービス開始
 主にクリニック・歯科・整骨院・整体院など100件以上のデザインブランディングを実施
企業向けデザインブランディングサービス開始
 主に工務店・士業・その他スタートアップ企業など50件以上のデザインブランディングを実施
上記、デザインから、ホームページ、名刺・封筒・パンフレット・内装・看板・サービスサイト・営業用パンフレット・店頭販促ポップなどをトータルにデザイン、デザイン提案ではサービスプロモーションなども経験。
また、デザインブランディング業務を行う中で、年々Webサイトの重要性が増していることを実感。組織のプロモーションポイントは常に変化する中で、変化についていけるWebの構築と体制づくりを考えるようになる。
2003年デザインオフィス e・ra creation(イーラクリエイション)設立 代表就任
大型商業施設サインデザインの企画設計・施工管理業務(サインプロット・基本設計・実施設計・版下制作・現場管理)
各種店舗の看板・内装デザイン、施工管理(30件以上経験|飲食店・クリーニング・クリニック・英会話教室など)
イベントブース・モニュメントのデザイン・施工管理(10件以上経験|こどもの城3R国際シンポジウム・フォード横浜トリエンナーレなど)
サイン視認性などの基本と合わせて、集客を意識した計画などから店舗やイベントのトータルデザインを制作。デザインブランディングの経験を積む
2001年株式会社ソーリツ サインデザイン部門入社
新生銀行本店改修工事・千鳥ヶ淵戦没者墓苑改修工事・東京慈恵会附属病院中央棟他建設工事・曙ブレーキ羽生センター新築工事・京都国立博物館改修工事などのサインデザイン・施工管理担当
2001年東京造形大学 環境専攻デザイン二類 卒業
(都市計画・建築・インテリアデザイン・プロダクトデザインを専攻)
同年 東京造形大学 造形賞受賞

自己挨拶

プロフィール欄に整然と並ぶ文字を眺めていると、自分自身の「経歴」とやらが、まるで他人事みたいに思えてきます。

錚々たる建物のデザインチームに入っていたとか、デザインブランディングを何十件も手がけたとか、Webマーケティングの講師をしていたとか。

確かに、それは全部事実です。

がしかし、箇条書きになった一見華々しい「経歴」の行間や前後に、等身大の私はいます。
そして、その部分こそがお客様と生身で向き合う私自身です。

私は学生の頃から、時々、大胆な行動を起こすことがありました。

たとえば、高校生のある日、「東京で、苦労も含めていろんな経験しないとまずいな」と不意に思い立ったんです。
そうしたら高校をやめたくなって、やめたくなったら行動に移さないと気がすまなかった。

周囲は、心配だとか反対だとか大騒ぎ……当然ですよね。
でも、私のなかには不安やブレーキは全くなかった。

人に話しても理解してもらえないのは目に見えていましたが、もう自分のなかに確信があるので、止まるわけにはいきません。その後も、「18歳の今という時間は美大でしか使いたくない!」と一念発起し、いきなり大学入学資格検定モードに入ったり。

がむしゃらに2浪した末、ようやく美大に受かったり。
新卒で勤めた会社を3年で離職して、突然デザイン事務所を立ち上げたり…

終始、まわりに驚きと心配の声がさざめいている人生。
あいつは言っても聞かない、と思われていたかもしれません。

こちらはこちらで、周囲の人が心配顔でかけてくる「大丈夫なの?」という言葉が大嫌いでした。
大丈夫?って聞いて、何になるんでしょう。大丈夫なわけがないんです。

でも、どんなに怖くても、「やってみたい」という衝動とか、「今の人生をかけるのはこれだ」という確信を捨てるなんて、あまりにもったいない。
そんな衝動や確信、人生で何度出会えるでしょう。

27才の頃、はじめの起業では実は仕事が軌道に乗るまで、1年近くは家族に開業の事実を話すことができませんでした。
(話したところで、心配、反対しか無いのですから)
怖かったこと、孤独になったこと、大変な思いをしたこと、私はすべて隠して泰然自若、どこ吹く風で「出来る。きっと出来る」と前進しました。

ただ、人生は甘くなかった。

私は13年かけて築いた事業に行き詰まり、ある人に救われ、また別のドアを開けました。
恩人から学ぶためにも、恩を返すためにも、もう一度会社勤めに戻って、修行を積み直すことになったのです。

6年後、何度目かのさなぎ生活を終えた私は、このDuo Partner Design合同会社を立ち上げました。
これが私の行間の経歴です。

略歴に載っているちょっとかっこいい経験はもちろん活かせるのですが、行間の私をも御社に活かしていただきたい。

高校中退や2度の受験失敗、13年間も必死で育てた事業が挫けたこと。
私が重ねた失敗や挫折が、分厚い層になって私の現在地を形作っています。

だから、お客様と出会ったとき、この男の周囲はずいぶん地盤が頑丈だな、と思っていただけるような気がします。

私は「大丈夫ですか?」なんて野暮なことは聞きません。
みんな大丈夫なんかじゃないんです。

これまでの大丈夫じゃなかった人生をすべて詰め込んだWebコンサルタントで、私はお客様と向き合うことをお約束します。